日本酒を美味しく保存するならば

日本酒を美味しく保存するには、温度が重要と言う事は意外と知られていません。

実際に当時が酒を醸す工程の中では、熟成の段階で温度管理が徹底されます。

出来上がった酒に関しても同じで、保管する上で温度が高すぎると、熟成が進んでしまいます。

そうすると完璧に味の整っていた酒のバランスが、崩れてしまいます。

酒を美味しく保つには、マイナス5度位が良いとされていて、そうすると熟成が進まず、出来上がったままの味を保てるのだと言います。

また熟成を進めたい場合も、外に置くよりも10度程の温度で保管すると良いと言われています。

これはできれば販売店だけでなく、自宅に持ち帰ってからも温度管理を徹底した方が良いと言われています。

より美味しい日本酒を味わう為には、自宅でも温度管理を徹底すべきであると言えるのです。

そうなって来ると、きちんとした環境が自宅にも必要になって来ます。

そこでおススメなのがSAKE CELLARです。

ワインセラーはよく聞きますが、そちらだとマイナスの温度管理ができません。

でもSAKE CELLARならマイナス5度から20度まで温度管理ができます。

そうなると1台で味を保つ事も、熟成を進める事も可能です。

更に左右の扉で違う2つの温度管理ができますので、片方は味を保って、片方は熟成させると言う保存方法も可能です。

またワインの保存温度にも対応していますので、ワインセラーと酒セラーを兼ねて使う事ができます。